販促研究所教授 お茶のみ博士の言綴り

カテゴリー別アーカイブ: 住宅関連ニュース

住宅関連のニュースをお伝えいたします。

「消費税上がる前に」住宅特需 展示場来場者6%増

博士「消費増税前の住宅特需についての情報じゃ〜」

〈消費税増税を前に、住宅やマンション購入の検討を急ぐ動きが強まってきた。モデルルームや住宅展示場の来場者も増えており、いつまでに購入すれば増税の影響を受けないか、といった具体的な相談も多くなっている。不動産会社や住宅メーカーは今後、増税前の駆け込み需要を取り込もうと、住宅供給量を増やす見通しだ。

 お盆にかけての夏休み期間中、住宅メーカー各社の展示場は活気にあふれた。住宅展示場協議会によると、7月の全国の住宅展示場の来場者は前年比約6.2%増の19万6千組。同協議会では「消費税増税法案の進展で、消費者のマインドが変化している可能性がある」と指摘する。〉(引用元:「消費税上がる前に」住宅特需 展示場来場者6%増、MSN産経ニュース)

カテゴリー: 住宅関連ニュース | コメントをどうぞ

注文住宅購入者の54%が住宅展示場で商品発見

博士「注文住宅販売には、住宅展示場の存在がかなり大きいんじゃな!」

〈購入した住宅を見つけた方法では、注文住宅の場合、過半数(54%)が住宅展示場で見つけたと回答していた。

 分譲住宅や中古住宅を購入した人では「不動産業者」で見つけた人が35.1%、55.3%だったのに対し、注文住宅購入者では不動産業者で見つけた人は5%にとどまり、展示場を訪ねて決めるケースが目立った。

 また、決めた理由では「信頼できる住宅メーカーだった」が46.2%で、メーカーに対する信頼度の高さが重要視されていることを裏付けた。次いで「住宅のデザインや広さ、設備が良かった」(34.9%)、「一戸建てだった」(31.8%)、「立地環境が良かった」(30.9%)などと続いた。

 住宅購入価格は土地代を含め注文住宅の場合4154万円で、自己資金の比率は37.3%になっていた。〉(引用元:注文住宅購入者の54%が住宅展示場で商品発見、エキサイトニュース)

カテゴリー: 住宅関連ニュース | コメントをどうぞ